為替利益

*

エロ禁+瞑想始めてます。

公開日: : 最終更新日:2021/02/23 エロ禁, オナ禁 モテ効果 ,

1452761676-2

最初の勢いとは裏腹になかなかエロ禁が続かず自己嫌悪。
ただ、確実に女性との縁は広がっている。
少しは意識が変わったからか。

実はこの女性との縁だが、瞑想をすることで効果が倍増するのではないかと最近思いはじめている。

そう思ったのも、エロ禁5日目のときに瞑想を同じく5日ぐらいやっており、そんな時に、ある特定女性のお誘いが急に来ました。
それも1週間のうちに2回も。

これは偶然とは考えられず、瞑想の効果だと思ったのだ。
オナ禁の掲示板にも瞑想を薦めている方があった。

その方が言うには、瞑想とオナ禁、そして少食の3つを行うと、イヤでも人生で成功するというのだ。

というわけで、瞑想の効果をより感じるために1週間前から本格的に瞑想とエロ禁を行っている。
その効果ですが、2日前に少し感じた。
それは・・・

キャバ嬢とラインをはじめた。
営業かもしれないですが、特にお誘いのメールではなく、普通にたわいもないラインが来る。

まだ初めて1週間ですので、あまり効果を期待せず行いたいと思う。

瞑想のやり方については、細かくはこだわっていません。
意識することはただ一つ、「心を静めて思考をやめること」

瞑想は思考をとめるだけです。

それがモテることとどう関係するのか。

我々が日々思い浮かぶ思考は、ほとんどがネガティブな思考である。

例えば、「あの子と付合うのは無理かもしれない」「美人と付合うのは簡単ではない」「復縁するのは難しい」「金がないとモテない」

こういった思考は、我々の無限大の可能性をつぶしてしまってる。
だから瞑想をして思考を静めることが実現の可能性を広げることになります。

理屈はこういうことです。実際の効果はお楽しみに。
効果があれば報告したいと思う。

平成28年7月追記 
この記事に出てくるキャバ嬢とは1年たった今でも関係が続いており、付き合うことができました。
夜はきれいに見えたのですが、化粧を落とすと普通の子で、今はそんなにトキメキませんが、意識して愛を送っています。

 

関連記事

エロ禁と肉体改造を続けていると、体の中からじわ~っと温かくなる。この感覚が

  気持ちの悪い俺 街に出るといろんな女性を見かける。 目尻にセクシーなほく

記事を読む

城咲仁のモテる男養成講座「今からモテに行くぞ!」の感想と評価

商材説明 歌舞伎町の元カリスマホストである城咲仁が指導する「今すぐモテる男」になるための教材。

記事を読む

no image

エロ禁は呼吸を安定させ、安心できる現実を引き寄せる

どんなに冷静な人であっても、ひとたびエロ動画を目にしてしまうと、冷静ではいられず、興奮が湧き上がって

記事を読む

エロ禁で女性と抱き合う【エッチなし】

完全エロ禁を徹底して65日が経過。 以前勤めていた会社の女性と食事に行って、エッチをせずに彼女の家

記事を読む

エロ禁で性エネルギーを充電して超健康になる方法はかなり効く

人間が最大の力を発揮するにはどうすればいいのかというと、その人自体の体のエネルギーを増加させることだ

記事を読む

エロ禁と肉体改造で得たエネルギーの活かし方

エロ禁を3ヶ月以上実践すると、女性からの反応が変わる。 そして、3ヶ月以上の肉体改造に取り組むと周

記事を読む

no image

エロ禁をして神様にお願いすると願いは叶うって知ってた??

馬鹿みたいなタイトル晒しやがって!   そう感じたあなた。 さぁ、喜んで

記事を読む

オナ禁(エロ禁)が生きるのは+αの行動次第

俺はかなりのオナ禁信者ではあるが、決して盲信はしていない。 というのも、オナ禁だけでは、自分を

記事を読む

no image

エロ禁をして全神経をあることに集中できれば女性と仲良くなることは容易い

「女性と会話してもなかなか上手くしゃべれない」 「いまいち、話が盛り上がらない」 「先に

記事を読む

エロ禁と規則正しい生活で人生を充実させる

エロ禁によって女性は無意識に俺に近づいてくる。 それはエロ禁によって、性エネルギーが発

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • nigaoemaker
    オナ禁を知って十数年になるネオです。
    それまでは神頼み的にオナ禁に頼って生きてきたが、まったく効果でず。
    女性に縁のないクソみたいな辛く悲しい人生を長らく過ごした後、一心不乱にオナ禁を研究するようになる。

    そしてようやく、一筋の光が差し出すことに・・・
    オナ禁でモテ効果が出ないことの辛さを誰よりも知るアラフォーサラリーマン。
    続きはこちら

PAGE TOP ↑