為替利益

*

エロ禁と規則正しい生活で人生を充実させる

公開日: : 最終更新日:2017/05/26 エロ禁, オナ禁効果を高める方法 , , ,

004

エロ禁によって女性は無意識に俺に近づいてくる。

それはエロ禁によって、性エネルギーが発生するからだと俺は確信しはじめている。

それを確信できたのは、エロ禁のほかに、筋トレや早寝、丹田呼吸など様々なことを実践した結果だ。

これらはすべて「性エネルギー」を高めるためにやっているのだ。

性エネルギーを高めれば女性との縁は確実に増える。
ほっといても増える。

つまりセックスが沢山できる。

男性だけの職場であってもその機会は増える。
それほど性エネルギーは重要である。

モテる男は、性エネルギーが体からほとばしり、オーラとなって現れてる。
まずは、エロ禁でエネルギーを漏らさないようにする。

その性エネルギーをより高めたいがために、大事なことは次の

  • 規則正しい生活
  • 適切な睡眠時間
  • 食べ過ぎない
  • 適度な運動

普通のことなんだが、これとエロ禁を合わせるだけで超健康になる。

健康ってことは、遺伝子的に強い男とされ、本能的に女性にモテる。

性エネルギーで女性にモテるってこういうこと。

エネルギーを高める補助的なサプリとして「亜鉛」を摂ってる

亜鉛は成長ホルモンの分泌を促し色気のある男の体を作り上げるために効果的だとにらんでいる。

また、この記事のような生活を意識するだけで、エネルギーがたまり、より生活が規則正しくなり、さらに女性との縁が増えるという好循環が起こる。

朝の目覚めがよくなり、内からのエネルギーを感じたとき、それは人間としての正しい生き方になっている証拠であり、人生が充実する。

人生が変わりだす。
徐々にセックスできる女が増えてくる。
ちなみに、俺のエロ禁だが、セックスは禁止していないのであしからず。

 

関連記事

エロ禁をすると体調が良くなる

エロ禁を2週間ほど続けると下痢にならないという書き込みがあった。 他にも下痢が治ったという

記事を読む

no image

エロ禁に効果的なサプリメントランキング

俺はエロ禁を実施している間、ずっと決まったサプリを摂るようにしている。 ただ、ネットの情報を詰め込

記事を読む

エロ禁再開します。その理由は・・・

数ヶ月間このブログを放置していたのだが、いろいろあって再開することにした。 ブログ再開とい

記事を読む

エロ禁で女性と抱き合う【エッチなし】

完全エロ禁を徹底して65日が経過。 以前勤めていた会社の女性と食事に行って、エッチをせずに彼女の家

記事を読む

完全エロ禁70日を経過してスーパーサイヤ人化?

完全なるエロ禁を実施して70日を越えた。 たぶん、永遠にエロ禁する、そんな勢いがある。 この

記事を読む

エロ禁と肉体改造で得たエネルギーの活かし方

エロ禁を3ヶ月以上実践すると、女性からの反応が変わる。 そして、3ヶ月以上の肉体改造に取り組むと周

記事を読む

エロ禁で30代女性2人がやたらと接近してきたんだが

モテようとすればするほどモテない。そして逆もしかり。 「真ん中の的を射ようとすればするほど

記事を読む

no image

オナ禁を必死で続けてもモテるようにはなりません。エロ禁も同様

このサイトではオナ禁でモテモテになる方法を俺の体験を元にお伝えしてるのだが、「オナ禁をすれば不思議な

記事を読む

女性の心にアクセスすれば、あとは何も必要ない

俺の考えは、ここで何度も伝えているとおり、エネルギーを活性化させた男がモテることができるんです。

記事を読む

エロ禁コミュニケーション術はセミナーで生かす

突然だが、ここ半年の間で女性と接する頻度が急激に増えてきた。 そして、ここ最近は、完全なエロ禁

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • nigaoemaker
    オナ禁を知って十数年になるネオです。
    それまでは神頼み的にオナ禁に頼って生きてきたが、まったく効果でず。
    女性に縁のないクソみたいな辛く悲しい人生を長らく過ごした後、一心不乱にオナ禁を研究するようになる。

    そしてようやく、一筋の光が差し出すことに・・・
    オナ禁でモテ効果が出ないことの辛さを誰よりも知るアラフォーサラリーマン。
    続きはこちら


  • エロ禁によって穏やかなエネルギーを蓄積してください。それはあなたの武器になります。穏やかなエネルギーは女性に安心感を与えるのです。
    あとは、女性の心へとアクセスすればいいのです。

    >女性の心にアクセスするセクシャルヒーリングとは

PAGE TOP ↑